Explanation

ナノゾーンコート徹底解説

ナノゾーンコートってなに?
信用できない…怪しい…
とお考えの方に「ナノゾーンコート(nanozone coat)」を徹底解説します。

『殺菌』『除菌』『抗菌』の違い

殺菌とは?
言葉の意味の通り、菌を殺します。
【殺菌】という表示は、医薬品・医薬部外品に使える表現で国が効果を認めた製品にだけ使用できる表現です。
菌を全部殺さなくても菌が減ったら【殺菌】と表示することができます。
除菌とは?
殺菌と同じく菌を減らしますのですが、国からのチェックを受けていないので『殺菌』という言葉は使えません。
医薬品や医薬部外品に登録すると時間・費用がかかる、内容成分を容易に変更できない等の問題があり、申請しないパターンがほとんどです。
効果はメーカーが専門機関に調査を依頼しているケースがほとんどなので安心して使うことができます。
抗菌とは?
抗菌は【菌の増殖を抑制する】という意味です。
菌が住にくい環境をあらかじめつくることで、除菌していくということです。

光触媒はカラダに悪い?

従来の光触媒は、抗菌の主成分「酸化チタン」を壁や家具に吸着させる時に、接着剤を使っていました。
その接着剤がカラダに悪いとされていました。

「ナノゾーンコート(nanozone coat)」は、特殊な技術で接着剤なしで「酸化チタン」を壁や家具などに吸着させることに成功し、カラダに悪いと噂される接着剤不使用なので安全です。
従来の酸化チタンは、酸化チタンの分子サイズが大きいので接着剤が必要。バインダー(接着剤)使用。 ナノゾーンコートの酸化チタンは、酸化チタンの分子サイズが小さいので接着剤が不要!酸化チタンをさえぎる接着剤がないので効果大!バインダー(接着剤)不使用。

ナノゾーンコートの成分

【ナノゾーンコート(nanozone coat)】の内容成分は
【酸化チタン】+【水】+【イソプロピルアルコール】
でできています。

ナノゾーンコートの主成分【酸化チタン】は食品添加物に認められており、歯磨き粉や日焼け止め等に使用されるほど安全性が高い成分です。
酸化チタン+水+イソプロピルアルコール

ナノゾーンコートのデメリット

ナノゾーンコートのデメリットは、壁や床や家具に抗菌コーティングをするので、
『酸化チタンコーティングした部分に菌が付着しないと菌やウイルスなどが分解されない』というコトです。
ただ、空気は対流するので、コーティングの効果は期待できるでしょう。

ナノゾーンコートで日常が安心安全に

家の中全てで、高い抗菌性を発揮
ドアノブやテーブル、リモコンやキッチン。
手の触れる所すべてを「ナノゾーンコート」がしっかり「抗菌・抗ウイルス」。
マメに除菌・アルコール消毒する手間を省けます。
水回りのヌメリや臭いも分解
菌やカビが原因のキッチンやお風呂、トイレ等の水回りのヌメリや臭いも分解します。
なんでも抗菌
ナノゾーンコートは、ガラス・木・金属・プラスティック・スマホ・布などなど、あらゆるモノに抗菌可能です。
ペットも安心
ペットの動物臭や排泄集などのニオイの発生を抑え、毛やオシッコに含まれるアレル物質の分解や除去も規定
ナノゾーンコートの安全性はおわかりいただけましたでしょうか?
まだ疑問がある、分からないという方は、お気軽に下記お問い合わせフォームでお問い合わせください。

施工に関するご質問など
お気軽にお問い合わせください。

 必須事項をご入力のうえ、
送信してください。
お名前
例)神戸太郎
フリガナ
例)コウベタロウ
ご連絡先
※半角英数で入力してください。
メールアドレス 入力したメールアドレスに自動返信メールが送信されますので、ご確認ください。

半角英数で入力してください。
お問い合わせ内容
 
※ご入力いただいた個人情報は当社規定の個人情報取扱いに基づいて、厳正に取扱いたします。